花火曼陀羅 泉谷玄作作品集カレンダー2020

©Gensaku IZUMIYA

花火写真の第一人者・泉谷玄作氏が撮影した全国の花火大会の写真を収録。華麗かつ大迫力の花火写真を高精細印刷で表現しました。2003年の発売開始以来、全国の花火師から好評を得ています。

※当ホームページ並びにカレンダーに掲載の一切は、著作権により保護されています。

写真家 泉谷玄作

1959年、秋田県生まれ。花火の撮影をライフワークとする。
現代美術作家、蔡國強(Cai Quo-Qiang)氏の依頼で、2002年MoMA(ニューヨーク近代美術館)主催の「動く虹」の花火や、2003年ニューヨークセントラルパーク150周年記念の「空の光輪」の花火などを撮影。
2010年、NHK「視点・論点」、2013年2月、フジテレビ「ほこ×たて」に出演。2014年7月、8月末まで朝日小学生新聞で18回連載するなど多彩。花火関連の著書も多数。
日本写真家協会会員。

  • 仕様 A2判(縦594mm×横420mm) 7枚組 4色カラー印刷 タンザック製本
  • 価格 1部あたり1,500円(税別・送料別途)

※2020年版は完売になりました。多数のご注文ありがとうございました。