宇都宮孟綱日記 第8巻 (うつのみやたけつなにっき だい8かん)


 秋田県公文書館では旧県立秋田図書館以来、秋田藩の藩政資料の翻刻・刊行事業を行っており、これまで『国典類抄』『御亀鑑』『渋江和光日記』を刊行してきました。
 これに続くのが幕末秋田藩の家老である『宇都宮孟綱日記』です。今回の第8巻で全巻完結となります。

 宇都宮孟綱は天保12年(1841)から慶応4年(1868)にかけて家老や家老加談を勤め、藩政の最高責任者として江戸時代の最終段階の秋田藩を取り仕切った人物です。
 平成25年3月に刊行した『宇都宮孟綱日記』第8巻では、元治2年(1865)正月から慶応4年(1868)12月までの日記を収めています。

 第8巻では、慶応2年1月24日、66歳の孟綱は高齢多病で重職に堪えず家老職を退き、家老加談を仰せ付かります。
 その後、政局は風雲急を告げ、慶応2年7月23日に江戸から長州征伐の戦況が伝わり、9月6日には14代将軍徳川家茂薨去と慶喜相続の報せが届きます。翌3年1月14日に孝明天皇崩御の報せが、11月6日には幕府から大政奉還の廻状が届きます。
 慶応4年1月に始まった戊辰戦争は戦場を東北地方に拡げ3月24日には新政府軍と庄内藩の戦闘が始まり、佐竹義堯にも奥羽鎮撫使副総督から出兵要請の御用状が届きます。
 同年8月5日、68歳を越えた孟綱は激職に堪えず家老加談職を退きます。その後、秋田藩領内に「賊軍」が侵攻し、9月には孟綱の元にも河辺郡椿川村の戦況が伝わってきます。戦争が終わった後、秋田藩では10月28日に「明治」に改元と一世一元が仰せ渡されます。そして12月28日、孟綱は改元を祝す俳句を詠み、翌29日に28年間書き続けた日記の筆を擱いています。
 第8巻には、幕末維新期における秋田藩政の動向を知る上で重要な記録が多数収録されていますので、どうぞご覧ください。
 付録に、第1巻と第8巻の全文のデータが入ったCD-ROMがあります。検索等にお使い下さい。

「宇都宮孟綱日記」第8巻
平成25年3月刊行
仕様:A5版 830頁・上製本(布クロス) 付録CD-ROM
定価:5,000円(税込・送料別)
編集:秋田県公文書館
発行:秋田県
販売:秋田活版印刷株式会社
お問い合わせ:
秋田活版印刷株式会社
 〒011-0901 秋田市寺内三千刈110-1
 TEL 018-888-3500(代) FAX 018-888-3505
ご注文はちらから

秋田活版印刷株式会社

Copyright 2018 Akita Kappan Printing Co., Ltd. All rights reserved.